レーザー脱毛の効果

脱毛クリニックで使用されるレーザー脱毛ですが、そもそも効果ってあるのでしょうか?

 

クリニックで施術できるレーザー脱毛は、エステの光脱毛よりも効果が高い脱毛のはずです。
ですが、レーザー脱毛が全く効果ない人がいます。
なぜ効果がない人がいるのか検証してみました。

 

これからレーザー脱毛始めようと思っている方、レーザー脱毛で失敗したくない方は必見です!

 

 

そもそもレーザー脱毛とは

レーザー脱毛による永久脱毛の可能性。
そのきっかけは、ダイレーザーやルビーレーザーなどの治療で病変部の毛が生えてこなくなる症例があったことがキッカケになりました。

 

レーザー脱毛の研究は1994年頃から始まりました。
そして、1996年の秋に脱毛レーザーのロングパルスアレキサンドライトレーザーLPIRが完成したのです。
日本では、1996年の冬にこのロングパルスアレキサンドライトレーザーが初めて導入され、
その後1997年夏ごろからレーザー脱毛ブームが始まりました。

 

そして20年が経過して、レーザー脱毛の普及と共に話題になったのが、
レーザー脱毛は永久脱毛であるかという事です。

 

そもそも永久脱毛という事自体、医学的には正確に定義がありません。
永久脱毛の定義として永久減毛という言葉があります。

 

そして、レーザー脱毛の結果としては2種類あります。
1つは、一時的な脱毛。
もう一つは、永久減毛です。

 

これは、レーザーの照射時間と関係し、1から3ミリセコンドでは3か月程度の一時的な脱毛効果しかなく、
10ミリセコンドでは永久減毛になるというデータがあります。
この症例は日本で行われるよりも高めの出力で行なられたため実際にそうなるとは限りません。

 

ですが、レーザー脱毛でも、時間をかけ、回数を増やすことで効果がより高くなると言えますね。

 

このような研究がハーバード大学が行なわれているのですが、
レーザー脱毛前に毛を剃ったほうが効果が高かった。
長期脱毛の効果を得るためには、皮膚下の毛が不可欠をされました。

 

このようなことが日本でも取り入れられ、脱毛前に毛を剃るとこが一般化しています。
また、マウスを使った実験で脱毛レーザーは毛の成長期の初期に最も効いていると報告がされました。
これにより毛の周期に合わせた脱毛が必要という認知度が高まりました。

 

しかし、1999年毛周期はレーザー脱毛の効果とは無関係で、毛包内に毛が存在していればどの周期でも同様の効果があるとされました。
これにより、毛の周期に関係なく脱毛はできることになり、スピード脱毛が人気になりました。

 

また、レーザー脱毛を繰り返すと硬毛が軟毛化してくることも症例に関係あるとされています。
つまり、レーザー脱毛は繰り返すことでより効果的であると言えます。

 

 

レーザー脱毛機器の種類

ダイオードレーザー

 

ライトシェア
ダイオードレーザー
ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所で開発されたダイオードレーザーの脱毛器です。
また世界初のPermanent Hair ReductionのFDA承認を受けた脱毛器です。
照射口が四角のが特徴で、接触タイプの照射です。
冷却によって冷やされたチップを皮膚に押し付けて照射するので深部にある毛根にもエネルギーが届きやすくなっています。
照射漏れや重複照射が少ないです。
普通〜硬毛の脱毛効果が高く、軟毛やうぶ毛にも対応できると言われています。

 

コメット
コメット
ダイオードレーザーと高周波のRFを併せ持つ新機種の脱毛器です。
サーマクールやフォトRFでも使用されているRF(高周波)は、毛には通らないという性質を利用して脱毛をします。
少ない回数で大きな脱毛効果を得られるのが特徴です。
脱毛するのに肌質や毛質や毛の太さ、肌の色をほとんど選ばびません。
さらに美肌効果も期待できます。

 

 

ロングパルスアレキサンドライトレーザー
ジェントルレーズ
ジェントルレーズ
ジェントルレーズは755nmの波長を持つレーザー光で、皮膚のメラニンに吸収されて安全で、さらに効果的に過剰なメラニン色素の除去や脱毛ができます。
照射口のサイズが従来の機種に比べ大きいのが特徴、乱反射による光エネルギーのロスが少なく、広範囲を脱毛できます。
なので比較的短時間の脱毛が可能です。
脱毛効果はもちろん、シミやくすみ治療やニキビの治療などの美顔治療としても使用されている機械です。

 

 

LPIR
LPIR
LPIR(ロング・パルス・アレキサンドライト・レーザー)は、FDA(米国食品医薬品局)に認可された機器です。
毛根のメラニンに反応させて脱毛します。
メラニンだけに反応するため、痛みと毛の周辺、肌へのダメージを最小限に抑えることができるのが特徴です。
一般的に一番脱毛レーザーとして広く普及しています。

 

 

ロングパルスアレキサンドライト×ロングパルスYAGレーザーの複合レーザー機 
アポジーエリート
アポジーエリート
米国FDAの医療承認を受けた最新型の医療レーザー脱毛機器です。
レーザー脱毛として効果的とされるアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2種類のレーザーを内蔵してその特性を組み合わせてレーザー脱毛ができます。
レーザー照射部位に−4℃の冷却エアーを吹き付ける強力皮膚冷却装置が搭載されているのが特徴です。

 

 

YAGレーザー「XEO」
YAGレーザー
従来の脱毛レーザー・光脱毛は、日焼けした皮膚に照射した場合には火傷を起こす危険性がありました。
そのリスクを軽減したのが、ジェントルヤグレーザーです。
日焼けした方でも安心して脱毛するとこができ、一度の照射で深い毛根にも熱を加えることができるため、比較的短時間で脱毛をすることが可能です。

 

 

メディオスターNeXT PRO
メディオスターNeXT PRO
「メディオスターNeXT PRO」は、Asclepion(エスクレピオン)社の医療レーザー脱毛機です。
メディオスターNeXT PROは、毛乳頭や毛母細胞には作用せず、毛の再生の元となる「バルジ領域」に作用します。
バルジ領域には「毛包幹細胞」という細胞が存在しています。
「毛包幹細胞」は、毛を再生させる元となる場所なのです。
バルジ領域へアプローチするメディオスターNeXT PROなら、反応させる位置は毛根よりもずっと手前になるので、毛の部分に邪魔されることが少なく、より確実にダメージを与えることができるのです。

 

 

 

脱毛クリニックで使用している脱毛機器

アリシアクリニック



ダイオードレーザーライトシェア
ジェントルレーズ
メディオスターNexT PRO
メディオスターNeXT PRO

 

 

リゼクリニック

ダイオードレーザーライトシェア
ジェントルレーズ
メディオスターNexT
メディオスターNeXT PRO
ジェントルYAG
YAGレーザー

 

 

新宿クレアクリニック

ダイオードレーザーライトシェア
ジェントルレーズ
メディオスターNexT PRO
メディオスターNeXT PRO

 

レジーナクリニック

ロングパルスアレキサンドライトレーザージェントルレーズ
ジェントルレーズ

 

湘南美容外科クリニック

ロングパルスアレキサンドライトレーザージェントルレーズ
ジェントルレーズ